飲んでみました:良寛牛乳【株式会社良寛】

企画主旨はこちら 「はじめに」

飲んだ時期:2月
味わい:★ 甘みは強くない
舌触り:★★ ややとろみを感じる
におい(乳風味):0.5 ほとんどない

※★の数は3段階
※家庭用冷蔵庫で1時間冷やしてから試飲

【感想】

~ちょっと驚く、クールな味~

僧侶の「良寛さん」生誕地から由来したらしい良寛牛乳。
そのネーミングからは牧歌的な昔懐かしい印象がわいてきますが、飲んでみると驚くほどの「さっぱりした味」。濃厚さや味の濃さが特徴のようですが、印象は逆。クセがなく、牛乳らしさもなく、むしろ都会的でクールな感じ。のどごしの最後にギュッとした一瞬の甘みがあり、あっ牛乳だな、と気づきますが、まるで豆乳のような淡泊さで、和食にあうのではないかと思いました。
大手メーカー品とは5℃違う125℃の殺菌ですが、それが関係あるんでしょうか。他の牛乳と同じようにコップにあけてから飲んでいますが、200mlパックだと空気に触れる面積が少なかったりするとか・・・?
シンプルな味はまるで牛乳界の無印良品、これぞ「牛乳が苦手な人」におすすめします。

 

 

Written by. iijima

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。
長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!
★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

おすすめの記事