ちょっと狭いけど、ほかの牛に気兼ねがいらない自分空間【繋ぎ牛舎】
繋ぎ牛舎にて ごはんの時間

~個別居住の「繋ぎ牛舎」は、酪農家の目が行き届き、若手もお局様も平等~

牛舎様式は大きく2つに分けられます。1つは牛の居場所が個別に仕切られている「繋ぎ牛舎」で、もう1つは屋内で放し飼いをする「フリーストール牛舎」です。「ストール」とは本来「肩掛け」の意味で、「繋ぎ牛舎」が肩掛けのような柵で牛を固定していることに由来し、牛舎設備では「区切り柵」全般をストールと呼んでいます。
 
そして現在国内の約8割を占めるのが「繋ぎ牛舎」。その名の通り、ロープやチェーンで牛さんを個室の枠に繋ぎ留めたり、「スタンチョン」と呼ばれる肩掛け柵で個別スペースに据えたりしています。
「繋ぎ牛舎」も2種に分かれます。人が動く通路に面して、牛が顔を向けて並ぶため給餌がしやすい「顔合わせ」タイプと、お尻を向けて並ぶため搾乳をしやすい「尻合わせ」タイプの2種です。いずれも、いつも牛が同じ場所にいるので、一頭一頭を観察しやすいことが利点です。
 
また人間がそうであるように、牛もプライベート空間があるとホッとします。「フリーストール牛舎」は、いってみれば大部屋同居ですから、若い牛がお局サマ牛の圧力で肩身を狭くすることもあります。一方、「繋ぎ牛舎」は個室型なのでおおむね平穏です。 しかし従来型の「繋ぎ牛舎」は通路が狭いため機械を導入しにくく、搾乳や給餌、ふん尿処理作業等に時間がかかってしまう難点がありました。そこで近年は、自動型機械が入り省力化を実現する新鋭の繋ぎ牛舎も新設されています。
 
このように牛にとって良い面が多い「繋ぎ牛舎」ですが、繋ぎっぱなしにすると牛が運動不足になったり、ストレスを溜めたりすることが目下の課題です。それらを解消しようと、適度に外のパドック(運動場)へ出している酪農家もいます。
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

おすすめの記事