酪農家で沸かす自家牛乳は、脂肪圧搾をする前のノンホモ牛乳。黄色い乳脂肪分も確認できます

酪農家さんでは自家の牛乳を、どのように飲んでいるのか? 気になったので酪農家の奥さんに聞いてみました。
 
「どの酪農家にも牛乳用のお鍋があって、搾乳した生乳を家に持ってきてそのお鍋で沸かしているね。沸かすのは殺菌するため。そしてコンロの上に置いて粗熱が取れたら、ポットやピッチャーなどに移し替えて冷蔵庫に入れておくの」
 
--1度にどれくらい沸かしますか?
「うちは家族5人分で4リットルくらいかな。酪農家の牛乳は脂肪圧搾をしていないせいなのか、市販の牛乳よりも傷みやすいの。だから1日で飲み切れる分だけを自宅に持ってきているよ」
 
--5人家族で1日に4リットルは相当多いと思います。
「高校生の娘が水代わりにゴクゴク飲んでいるからね。あの子だけで1日2リットル近く飲んでいるんじゃないかな。90歳のおじいちゃんも、毎食後はお茶ではなくて牛乳。大きなお鍋で沸かして、余りそうだなと思った日は、お料理に使ったりパンを焼いたりして使いきるよ」
 
--出ました! 水代わりに牛乳! これは酪農家の常識なのでしょうか。
「いろいろだよ。『水道の水は使ったら水道料金がかかるけど、搾った牛乳はタダだし体にもいいから牛乳を飲む』って言っている酪農家もいれば、『牛乳は牛乳、水は水。のどが渇いたら水や麦茶を飲む』という酪農家もいるよ」
 
ほかの酪農家さんにも聞いてみましょう。
 
「私はサラッとしたのど越しが好きなのだけど、うちの牛乳は濃いせいか飲みにくくて苦手なの。だから私は牛乳をスーパーで買って飲んでいる。酪農家としては珍しい例だと思う」
と照れたように告白してくれたのは、ある奥さん。
 
そしてこんな牧場主も。
「うちの家族はみんな牛乳を1日中ゴクゴク飲んでいるね。でも僕はそんなに飲まない。理由? だってビールの方が好きだもん」
 
このようにレアケースをのぞいて、ほとんどの酪農家ファミリーでは自家の牛乳を自宅で沸かして飲んでいて、「水がわりに牛乳」という都市伝説(?)も1部で事実が認められました。
 
しかし「濃すぎてわが家の牛乳が苦手」とは、なんともうらやましい話です。
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事