日本の牛の代表、ホルスタインの白黒模様にはルールがある【斑紋(はんもん)の決まり】
ホルスタイン種は6カ所が必ず白いため、明治時代は「六白牛(ろっぱくぎゅう)」とも呼ばれていました

~どのホルスタインも白い場所は6カ所。さて、どこだと思う?~

斑紋(はんもん)とはまだら模様のこと。そしてホルスタイン種の白黒斑紋は、遺伝によって決まるようです。
白黒量が半々くらいに調和した牛から、黒が多いものや白が多いものまで、色バランスや模様の形はさまざま。一見規則性などなく、牛の数ほど変化に富んでいそうな白黒斑紋ですが、じつはある絶対的なルールがあります。
 
それはどのホルスタイン種も、4本の足首部分と尻尾の先、そして腹部の6カ所だけは面積の大小に関わらず必ず白いということです。それがホルスタイン種であると認定される証となっています。
時々、顔も体も一面黒く、黒毛和種かと思うようなホルスタイン種もいますが、よくよく見ると、脚はソックスをはいたように白くて、尻尾やお腹の白にも気づくはずです。
 
ところで、ホルスタイン種の地色は白と黒、どちらだと思いますか? なんとなく地色が白に思えますが、意外にも地色が黒。模様部分が白色なのだそうです。
これからホルスタイン種を見かけると斑紋が気になって、「あなたは地肌が多いから、夏は暑いでしょう?」などと、話しかけてしまいそうですね。
 

 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事