飲んでみました:ジャージー低温殺菌牛乳【株式会社タカハシ乳業】
“ミルキー”の甘みを体感

企画主旨はこちら「はじめに」

飲んだ時期:8月
味わい:★★★ 甘み強い
舌触り:★ やや気持ちのいいトロミ
におい(乳風味):★★★ 感じる

※★の数は3段階
※家庭用冷蔵庫で1時間冷やしてから試飲
 
【感想】

~“ミルキー”の甘みを体感~

ジャージー牛で低温殺菌というのは、当JQで取り上げるのは特別すぎて、まだ早いだろうか、、、と編集部内で話したところ。「えー!どんな味したの~?キャー!知りたい!知りたい!」と、思案を一蹴するようなポジティブな回答を得ましたので、ご紹介いたします!
 
表現がすごく難しいのですが、甘みもあり、乳脂肪も十分感じるのに、とてもサッパリしています。この矛盾を、どう説明すればいいのか。乳の風味も、コップの端に鼻を近づけてクンクンとやれば感じるけれども、飲むうえでは全く気がつかない程度です。うーん!不思議!!きっとこの違いが「低温殺菌」の良さということなのだろう・・・という理屈が、飲むという実体験の後から追いかけてくる感じで納得できます。
そして、バターというよりもギーを舐めた時に近いような無味の脂っぽさと、ごくりと飲み込んだ最後の瞬間にわずかな塩味も感じます。
 
うまみもコクも感じるのに、さっぱりしている。牛乳という飲み物の奥深さを思い知らされました。
ちなみに飲んだ瞬間の第一声は「不二家のミルキーに「ミルキー」って名前を付けた人の気持ちわかるぅ~!!」でした。
 
この甘みとコクがどうなるんだろうと、またもや酸味系のコーヒーを淹れてカフェオレにしてみました。結果は驚くことに、コーヒーのビターさが逆に際立つ味わいになりました。これは口中調味というよりもきっと化学的な変化なんでしょうね。混ぜることで味覚レーダーチャートの形が変わったのだろうな、と思いました。
 

 
 
Written by. iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事