企画主旨はこちら「はじめに」

飲んだ時期:5月
味わい:★★★ 甘みをかなり感じる
舌触り:★★ とろみを感じる
におい(乳風味):★ ほとんど無し

※★の数は3段階
※家庭用冷蔵庫で1時間冷やしてから試飲
 
【感想】

~つい叫びたくなるほどわかりやすい「あまーい!」感じ~

パッケージにある説明を見るところによると、この牛乳は乳脂肪分が3.7%ですが、どうやら1年の半分以上は4%を超えているようす。一般的に市販されている牛乳は3.5%~3.6%あたりが下限なので「低くても3.7%」というのは、かなり高いほうですね。
 
メーカーサイトを見ると「土壌と飼料、1頭1頭の健康管理にこだわっている」と書いてありました。「搾乳した土地で産地パックするからおいしい」ともあるけれど、どこの生乳なのかは明記されていませんね。「函館牛乳なんだから、函館にきまってるだろう」ということなのかなと思いますが、東京にいると「北海道のどこらへん」かの説明ってわりと求められることが多いので、多少くどいと思われても書いておけばいいのに、と思いました。
 
それにしても驚くのは、甘さを強く感じる割に乳の風味が全くないこと。こちらの牛乳は口の中に残る牛乳っぽさがややありましたが、最近は乳のにおいを感じない牛乳がかなり多いです。各社で導入している「ESL製法」も、実はどんどん進化しているのではないでしょうか。
 
製造メーカーに関わらず全ての牛乳パックの上辺には、指で触ると分かる半円のカーブがあります。これは「切り欠き」といって、手で触っただけでも牛乳とわかるよう「(種類別)牛乳」にだけ付けてもいいことになっているものです。今回うっかり「切り欠き」側を開封してしまい、さすがにちょっと開けにくかったです。
 
それにしても最近はご紹介している牛乳のメーカーが重複してきましたね・・・。新しい牛乳との出会い、頑張ります!
 

 

 
litten by iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事