飲んでみました:どうまい牛乳【JA愛知みなみ】

企画主旨はこちら 「はじめに」

飲んだ時期:4月
味わい:★★ 甘みやや強い
舌触り:★★ サラリと落ちる
におい(乳風味):★ ほとんどなし
※★の数は3段階
※家庭用冷蔵庫で1時間冷やしてから試飲
 
【感想】

~おいしいバニラソフトクリームの味~

子供のころ「どうまえ」という苗字があり、へぇ~世の中には「どうまい」さんもいるのか、世間は広いなぁ。と思ってるそばから間違いに気づく。
これ「ど・うまい」じゃない?あぁそっか!「どえりゃー」の「ど」ね!(ひとり納得)と、いろいろ恥ずかしくなりました。
 
さてこちらの牛乳、のど越しがあっさりしています。少し時間が経つと口の中にたまる牛乳らしさがありますが、それ以外は非常にさっぱりとした牛乳です。
バニラソフトクリームは、全国の観光牧場や物産館などでもよく見かけるように、主に原料が生乳のはずで、だからこそおいしいソフトクリームの味がするというのは当然のことかもしれません。でも何かが違うなぁ?と感じます。
 
こちらのウェブサイトを見ますと「牛舎から直送」とありました。
いちど地域の大きなタンクにためる集乳の過程がない分、消費者の手元に届くまでの時間が短い。「何かが違う」というこの感じはスピード感なのですね。「乳しぼりをした日がわかる低温殺菌牛乳」のところでも書きましたが、新鮮さを指標にすると乳臭さが軽減すると思われがちですが、実際は口当たりなのでしょうか。
原料を販売容器に詰めて店頭に並べるまでのリードタイムを短くするのは、一見簡単そうですが、生産者と販売側の双方が業界をまたいで協力し、工夫しないと実現しません。この取り組みが乳の価値に繋がり、そのまま関係者の利益につながっていくことが素晴らしい、そう思います。
 

 

 
Written by. iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。
長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!
★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

おすすめの記事