室内で放し飼いに近い飼養ができる【ルーズバーン(フリーバーン)牛舎】
好きな場所で休めるけど、自分が座る場所はだいたい決まっている?

~牛が自由に歩け、脚にもやさしい。休息は好きな場所にごろ寝するスタイル~

「ルーズバーン牛舎」とは、日本では主に「フリーバーン牛舎」と呼ばれている牛舎様式です。「loose」とは「放つ」や「自由」を、「barn」は「小屋」を意味するとおり、牛が自由に歩き回れる放し飼いタイプの牛舎です。
「フリーストール牛舎」も牛が歩き回れるタイプの牛舎ですが、それと異なるのは「ルーズバーン牛舎」には、個々に区切られたストール(ベッド)のスペースがないこと。「ルーズバーン牛舎」の牛たちは、それぞれ牛舎内の好きな場所に横になり、雑魚寝の様相で休息をします。
 
そのため、どこでもベッドになるようクッション性の良い床表面にする必要があり、「ルーズバーン牛舎」の床にはおがくずなど大量の敷料が入れられています。この敷料コストがかさむのが「ルーズバーン牛舎」の最大の難点ですが、ふん尿が混ざったおがくずは堆肥化しやすく、できた堆肥をふたたび床に戻すことでリサイクル&コストダウンも可能です。
 
ほかにも利点はあります。ストール(ベッド)を設けない分、「フリーストール牛舎」よりも建設費用が安く済むことです。ストールがないのでショベルローダー等の機械が入りやすく、除糞作業の省力化も図れます。そして何より、床に深いおがくず等を入れているので、牛が滑ってけがをすることが少なく、脚やひづめに負担をかけにくいことなどが注目されています。
その反面、休息時に乳房が直接床に接地するため、牛が乳房炎にかかるリスクは高まります。そのため「ルーズバーン牛舎」の牧場主は、牛たちの健康管理にひときわ気をつかっています。
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事