牛乳はメイド・イン・ジャパンの農産物
~いまや水より安いかも?の国産栄養品~

牧場で牛からしぼったままの乳のことは「生乳(せいにゅう)」といいます。牛乳の原料となるのはこの生乳です。天候の変化や季節がめぐるなかで日々生産される生乳は、濃さや味わいも一年を通してびみょうに変わります。

先進国の中で最も低いといわれる日本の食料自給率ですが、牛乳の原料である「生乳」はなんと100%国産。生乳は、北は北海道から南は沖縄まで、日本全国の酪農家たちによって毎日生産されています。

つまり、スーパーやコンビニで売られているパック入りの牛乳も、私たちの主食であるお米と同じように、日本で育まれた農産物のひとつなんです。農家の人が土づくりからこだわって野菜を育てるように、生乳を生産する酪農家も、愛情を込めて育て上げた牛から乳を搾っています。しかも牛乳になるためには、比重や酸度、細菌数などの厳しい基準があって、それを毎回・毎日クリアしているものしか流通していません。

安心のメイド・イン・ジャパンというわけですね。

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事