さつまいもがたくさん手に入ったら、牛乳で煮てスイーツに!
さつまいもを大きく切ると火の通りにムラが。バターで炒めれば、しっとり

秋にさつまいもをたくさん手に入れてしまい、もう飽きちゃったよ!と、持て余したときにおすすめ。牛乳で煮れば、お手軽スイーツのできあがりです!いも・かぼちゃ系のホクホクした食材には、乳製品はよくあいます。
 
皮をむいたさつまいもを火が通りやすいように切り、バターでゆっくり炒めます。さつまいもの色が濃くなったら、たっぷりのはちみつと一緒に牛乳で煮るだけ!火が通りやすいさつまいもは煮る時間も10~15分程度。なので、さつまいもが隠れるほどたっぷり牛乳を入れてしまうと、クリーム煮ならぬシチューのようになってしまうので、さつまいもがお風呂につかる感じの量におさえ、たまにゆすりながら火を入れ、最後に煮とばします。今回は、どこにでも売っているよくあるテフロン加工のフライパンで作りました。
 
はちみつは、たっぷり入れて甘く仕上げた方がおいしいです。お土産などでいただいたまま、使う機会がなかったはちみつがお宅の戸棚の奥にでもいませんか?
 
おおまかな材料は、さつまいも2本に対して、牛乳1カップ、はちみつ大さじ3ぐらいです。ナッツやレーズンなども入れればアクセントになり、甘みを控えれば副菜に。牛乳の一部をクリームにかえればさらにコクが出ます。食物繊維が豊富なさつまいもは、腸内環境改善にも大きな味方に!甘~く煮あげて、おやつタイムにぜひどうぞ。
 
Written by. iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事