企画主旨はこちら「はじめに」

飲んだ時期:4月
味わい:★★ 甘みやや強い
舌触り:★ やや気持ちのいいトロミ
におい(乳風味):★ ほとんど無し

※★の数は3段階
※家庭用冷蔵庫で1時間冷やしてから試飲
 
【感想】

~バニラを入れ忘れた、バニラアイスのよう~

千本松と聞いて、頭の中ではてっきり福島を思い描いていましたが、それは二本松のことでした。地図では那須塩原とも近いようなので、福島にある松の木を、栃木まで数えていくと千本あったのかしら・・・とか人間ぼんやりすると妙なことを想像するもので。。そんな空っぽな頭で飲みながら浮かんだのは、バニラアイス。この牛乳、とてもさっぱりとしていて乳の風味もヌケがよく、さらりとしています。低温殺菌らしい味わいで上品な甘みもありミルクアイスを連想します(牛乳のアイスクリームなんだから当たり前とも言えますが)。
 
でも、もっとも特長的だったのがナッツのような香ばしさを感じたこと。たとえばアーモンドやごまのような、豆が持つコクと油分が乳の中に溶けこんでいるような印象です。さっぱりしているけどコクがある、そのコクのところに他の牛乳とは違う油分を感じました。冬だから配合飼料が多めなのかしら、などと想像しています。こういうことを考えながら飲むのも楽しいですね。
 
世間には、高温殺菌は牛乳の質を落とす方法だと断言する人がいます。急激な高温殺菌が原因で牛乳に含まれるたんぱく質がコゲてコゲ臭がつき、それが牛乳独自のにおいや口当たりの悪さに繋がるのだという話はよく聞かされます。ですが私はその話にやや懐疑的で、それは要因のひとつであって、それ以外の要素も絡んでいるのではないかと考えています。現代では生産方法も進化し、生乳を酸化させない工夫は各社にあり、季節や牛さんのえさも別の要因のひとつです。どの人間の鼻もが年中そんなに精緻かどうか?もあるし、好みだってありますよね。
 
牛乳は生きもの。何かと比較して価値を決めつけるのではなく、それぞれが自分の好みにあった牛乳と出会うことが一番シアワセですよね。
 

 

 
litten by iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事