Japan-QualityがNHK朝ドラ「なつぞら」を酪農視点で解説する不定期連載です

「なつぞら」でしばた牧場が舞台となる時、たびたび映されるのが牛舎の中の水槽。戸村親子が水槽の中に牛乳缶を入れながら話すおなじみのシーンを見て、「あの牛乳缶にはどれくらいの牛乳が入っているの?」と思った人は多いでしょう。あの時代の牛乳缶はブリキ製で、1斗(18リットル)入りと1斗5升(27リットル)入り、そして2斗(36リットル入り)の3種があったそうです。
 
しばた牧場の水槽には、だいたいいつも5本ほどの牛乳缶が浸かっていますね。飼養している乳牛はざっと10頭くらいですから、1日に搾られる生乳はぜんぶでおよそ100キログラム。そこから計算すると、あの牛乳缶は1斗入りと考えられます。
 
しばた牧場は地域を代表する大牧場ですから、牛舎の中にコンクリート製の水槽を設けています。水はおそらく地下水。夏でもひんやりとした水で、牛乳を冷やすことができます。そして水槽を持たない小さな牧場は、庭先の小川に牛乳缶を浸けて冷やしていたとか。
 
振り返れば「なつぞら」の昭和20年代。泰樹おじいさんが馬車になつと牛乳缶をのせてどこかへ行くシーンも時々放送されていました。泰樹おじいさんの行き先は、たぶん「集乳所」。あの時代、全国の酪農集落に集乳所が設けられ、そこに乳牛を飼う人々が牛乳缶を持って集まってきていました。
 
泰樹おじいさんのように馬車や馬そりで何本も運んで来る人は少数派で、1本を自転車に積んでやって来たり、背負って歩いて来たりする人が大半だったようです。1本20キログラム近くもある牛乳缶を背負って何キロメートルも運ぶなど大変な重労働ですが、「これでお米が買える」「子どもたちの洋服が買える」と、だれもが引き取り価格を励みに集乳所を目指していたそうです。
 
集乳所はちょっとした小屋のような建物で、昭和30年代まで日本各地に佇んでいました。それとほぼ同時代に、乳業メーカーが牧場の庭先まで行って牛乳缶を受け取る仕組みができたり、昭和40年代には幹線道路を走るトラック集荷が始まったり。酪農家の運搬負担を軽減する改革が進みました。
 
そして昭和40年代半ばからは、いよいよミルクローリー車が登場し始めます。これは牧場の搾乳室近くに設置された冷蔵貯蔵タンク(バルククーラー)から、ミルクローリーのポンプ式ホースで生乳を吸収するシステムです。この形式が集乳の最終形。今もミルクローリーとバルククーラーのタッグが活躍しています。
 
さて「なつぞら」は今、昭和41年の設定。しばた牧場にもあと数年で集乳改革が到来?

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事