和食は、皆さんご存知のようにかつおや昆布などの「うまみ」になる成分と、しょうゆや味噌などの発酵食品、そして食材そのものの味わいが重なり合ったおいしさが特徴です。 
チーズにはいろいろな種類がありますが、乳製品を発酵させた食品のひとつ。もともとの乳のうまみと、保存のための塩分がプラスされており、料理のアクセントにとても使いやすいのです。さらに、キムチと納豆や、味噌とチーズのように、発酵食品同士は味やにおいなどの相性も良いので、いつものごはんのおかずにプラスすると、おいしさへの相乗効果が期待できます。
 
この写真は、きんぴらごぼうをベーコンでアレンジして、その仕上げにカマンベールチーズを小さく刻んであえたもので、冒険心の要らない一品です。最後にさっと混ぜるだけで、余熱でとろっとおいしく仕上がります。ちょっと洋風な味わいがプラスされ、若い人にとってもお年寄りにとっても、食べなれたおいしさに。おすすめです。
 
litten by iijima
 

スポンサーリンク
JQオリジナル【職人による手染め】牛柄手ぬぐい

東京/浅草の手捺染(てなせん)職人による1枚1枚手染めの、綿100%手ぬぐいです。
明治時代から長く息づいている染工場ならではの、職人の技と経験をもった一品です。

長さ1メートルのロングサイズで、頭にも巻きやすく、オシャレです!

★帽子をかぶる前に頭へ巻いても
★首に巻いてツナギの差し色に、汗どめに
★調理時の三角巾替わりに

1枚 2,100円(送料/消費税別)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

おすすめの記事